オリーブオイルの選び方や種類、保管方法とは?

オリーブオイル

オリーブオイルにはイタリア、スペイン、チュニジアなどの産地があり、それぞれの国の気候や土壌、栽培されるオリーブの品種で風味や特徴に違いがあります。

ここでは、オリーブオイルの選び方や種類、保管方法についてご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

オリーブオイルの種類と効果とは?

オリーブオイル

オリーブオイルは 色や香り・味わいなどに違いがあり、オリーブ果実の香り、草や葉のような香り、苦味など それぞれ特徴があります。

地中海沿岸地方では、オリーブオイルを食生活に上手に取り入れると心臓病発生の頻度が少ないと言われています。 オリーブオイルの主成分である【オレイン酸】は動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす効果があります。

日頃の食生活に上手に取り入れると、健康的な生活を送る事ができます。

オリーブオイルの選び方について

オリーブオイル

オリーブオイルには「バージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類があるので、料理の使い方で選び方を考えると良いでしょう。

【バージンオリーブオイル】は果実を絞っただけで添加物が加えられていないオイルです。 開封後は鮮度が落ちるので早めに使いきりましょう。 加熱しないで使えるため、料理では ドレッシングなどに適しています。イタリアでは食卓調味料のように使うそうですよ♪

【ピュアオリーブオイル】は香りづけをしたもので、価格も手頃なので初心者にも使いやすいタイプです。 加熱調理をするのにも適しています。

調理法により選び方を間違えると効果がなくなるので注意が必要です。

オリーブオイルの保管方法は?

オリーブオイル

オリーブオイルは、暗くて涼しい場所に保管します。紫外線にあたると酸化するので保管方法は大事です。

オリーブオイルの選び方と保管方法を間違えると、せっかくの効果がなくなってしまうので 気を付けてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加