オリーブオイルの健康効果とは? コレステロールを改善する方法はコレ

オリーブオイル

オリーブオイルの健康効果として、コレステロールを改善する力があります。

オリーブオイルの主要な成分は【オレイン酸】で、酸化しにくい性質があります。血液中の善玉コレステロールには作用せず、悪玉コレステロールだけを排除してくれるので、動脈硬化や高血圧の予防に効果的です。

スポンサーリンク

オリーブオイルの健康効果とは?

オリーブオイル

オリーブオイルは、一価不飽和脂肪酸であり、不飽和脂肪酸にはコレステロールを低くする働きがあります。多価不飽和脂肪酸の場合、悪玉コレステロールを減らすと共に、善玉も同時に減らしてしまうデメリットがありますが、一価不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール値を下げながら、善玉コレステロール値を下げずに維持する効果があります。

オリーブオイルは、ビタミンが豊富で、βカロチンやポリフェノールなどの抗酸化物質も含まれているので、体の内側から若さを保つことができます。オリーブオイルは、一般的な植物油よりもオレイン酸の含有量が多いので、過酸化脂肪を作りにくいのです。そのため、動脈硬化、高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防改善する効果があります。

コレステロールを改善する方法はコレ

オリーブオイル

コレステロールを改善するならオリーブオイルが効果的!! オリーブオイルにはポリフェノールも多く含まれているので、植物油からオリーブ油に変えるだけで、手軽な健康法になります。

このサイトでも様々な「オリーブオイルの使用方法」を紹介しているので、コチラも是非参考にしてみてください♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加