オリーブオイルの容器や保管方法について

オリーブオイル

オリーブオイルは、コレステロールを改善する働きがあるので、生活習慣病を予防できる効果があります。ただ、健康効果を得るには、オリーブオイルは出しっぱなしにしてはいけません。オリーブオイルの容器や保管方法が大事になってきます。さっそく、見ていきましょう!

スポンサーリンク

オリーブオイルを入れる容器について

オリーブオイル

オリーブオイルは、そのままにしておくと、どんどん酸化してしまいます。オリーブオイルを保管する時は、容器に注意しないといけません。

オリーブオイルは、酸素、光、熱に さらされると酸化しやすくなるので、密閉された容器に保管する必要があります。ビンに保管し、コルクでしっかり栓をしておきましょう!

オリーブオイルの保管方法は?

オリーブオイル

保存している間、空気に触れて酸化しないように配慮が必要です。酸化しにくい状態で搾汁したオリーブオイルを貯蔵タンクに保管するというのが、一番良い保管方法になります。元々のボトルにも酸化を遅らせる仕掛けがあるのですが、開栓した後は正しい方法で保管することが大事です。そうすることで、いつまでも美味しく食べることができるのです。

オリーブオイルを保管する時は、できるだけ熱源から離し 密閉容器に入れて、暗い戸棚などに保管しましょう。また、冷蔵庫に入れるとオイルが固まってしまうので冷蔵庫に入れるのはNGです!オリーブオイルを長持ちさせて、健康効果を得られるようにしておきましょう♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加